過去ログページ

2009年11月30日

回顧→未来

東京は現在、寒い。
しかし、その寒さは言うなれば「暖かいと思っているから寒い」という類のものだ。
たとえ真夏でも、冷水を腹に当てればそりゃあ冷たいよ、というのと同じである。
だから、まだ寒くない。


競馬は過去の積み重ね、結果論の積み重ねが未来に繋がるから面白い。
ジャパンカップ、私はウオッカのことを完全に見誤っていた。
個人的に好きであるにも関わらず、あらゆる情報やムード、その他何かに流され、印上は対抗に留めてしまった。
「ウオッカは最後止まる。」私は、彼女が3歳のときからそんなイメージがあった。だから、直線半ばで勝負を決めるパターンが望ましい。ぎりぎりまで競り合うレースはやや苦しい。
そう思い、今回は対抗にした。
これが間違いだった。

競走馬は最後みんな止まる。これは当たり前だ。
その中で、ウオッカは止まりづらい。減速が少ない。だから何度もG1を勝っている。実はスタミナ抱負らしい。
もっと早く気付きたかった。

みんなが余力を残すスローペースのレースでは、最後の減速が「みんな」少ない。
だから毎日王冠やら天皇賞ではウオッカはばったり止まってるように見えた。それは、3、4歳時のジャパンカップも一緒。
それが今回のようなレースで、みんな最後に大減速することになると、ウオッカの強さが浮き彫りになる。ましてやペースに関わらずラスト600〜200mまでは爆発的に速いウオッカは、ラスト200mまでで他を突き放せる。そうなれば結果は見えたも同然だ。
今年の安田記念なんかが、その典型っぽい。
ただ、走る前からペースなんてわからないんだけども。

1番強い馬をきちんと見抜く。
これをしないで予想しても、的中は遠退くばかりだ。とまたまた今更思い知る。

今一度猛省したい。

1頭1頭の特徴をしっかり把握することが大切らしい。今回であれば、各ペース、各レースでのラップタイムを洗い出すことが必要だったかもしれない。

そんなことを考えていると毎日忙しいし楽しい。
ある出来事をどう捉えるか。その連続だなあ。
posted by hito at 23:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウオッカってすげえ

記事が消えた。

強かった。疑ってごめんなさい。と言いたい。
今年の中で1番良いレースだった。
posted by hito at 01:53 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月27日

吐露 2期

そろそろ著書の第2弾も具体的に考えて行こうと思う。

一発目はある意味、空前絶後の快作であった。
初期衝動溢れる勢い、世界観の完成度の高さという点においては非常に優れていた。というのは自惚れが過ぎるであろうが、とにかくなんだか満足のいく内容であった。

次に何をすれば良いのかわからない。そんな気分で半年が過ぎてしまった。
なにせ、我々7人ビジネスマンであるからそれは仕方がないのかもしれないが、ここまでくると怠慢も感じる。

明確なビジョンを持って、次の段階へ進みたいと思う。
いつまでも1冊のHONにすがる訳にもいかない。
迷える吐露は終わりにする。
新たなる幹となる路線がもはや青森中心部に達さんとしている昨今である。我々も立ち上がらないといけないだろう。


遠巻きに言えば、2の復権がそれを加速させるという流れもある。

ならば1はそれをも吹き飛ばす勢いを持たねばならない。

いよいよ吐露である。


posted by hito at 04:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする