過去ログページ

2012年07月28日

泳げ

写真.JPG

posted by hito at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵文字の現在

写真.JPG
1人目

私は携帯電話でメールをやり取りする際、極力絵文字を使わないようにしてきた。

文字だけでうまいこと表現してやろう、というカッコつけの気持ちもあるし、
なんだか子供くさくて恥ずかしい、という気持ちもある。
一度使ってしまうと、使わなかったときになんだか冷たい印象になってしまわないだろうか、という心配の気持ちもあるし、
一度使ってしまうと、次第に色んな絵文字に手を出して楽しくなり、愚かなハマり方をしないだろうか、という不安な気持ちもある。

と、言いながらもそれほど強い拘りがあるわけでなく、
文字には文字を。絵文字には絵文字を。
という立場をとってやってきている。
これまでも、これからもきっとそうだろう。

絵文字を使ってくる相手に対して、何かの気の利いた絵文字でも返してやろうと思い、一通りさらってみる。
痒いところに手が届くような絵文字というのはそんなにない。
期待していたわけではないが、少しがっかりする。

がっかりしながら、ぼんやりと絵文字の群団を眺めていると変な並びが目についた。

どうやらCDらしい。
一体いつ使うのか。
「〜の新譜買ったよ」の後につけるのだろうか。

それはさておき、そのCDのとなりに変な色のCDがある。
なんだこれは。と思った直後にすぐわかった。

DVDだ。
一体いつ使うのか。
「TSUTAYAで〜に借りて来て」と旦那に頼む嫁のメールで使うのだろうか。

更に、その並びからやや離れたところ、明らかにMDと思われるものが。
一体いつ使うのか。
いまどき、流石に使わないだろう。
ビデオテープの絵文字よりも頻度が低い、いやビデオテープと比べるのは失礼なぐらいだ。
ましてや、MDを廃業同然の窮地に追い込んだのはどこのどいつだと言いたい。
私が今手に持っているiPhoneを作ったのはどこのどいつだと言いたい。
まるで、スーパーマーケットの中にある、目な前で鮮魚を捌く粋な魚屋風の魚コーナーか、昔ながらの八百屋を装う野菜コーナーのようである。
皮肉なもんである。
適切な喩えかどうかは大した問題ではない。

Blu-rayの絵文字は、まだないらしい。
絵文字を作っているやつの時代感性、いや感性を疑う。
posted by hito at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年07月27日

気持ちの良い宣言

写真.JPG
1人目

何事も、というわけにはいかないが。

これくらいの、わかりやすさと具体性が好ましいと思う。

こっちをその気にさせるムードを感じる。

途中で文字色と背景が反転したのも、今となってはファインプレイに感じる。
posted by hito at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする