過去ログページ

2013年07月30日

水没ですね。

『水没ですね』

彼女はあっさり言ってのけた。

こちらの期待とは裏腹に、冷静に状況を判断し、そう結論した。

こちらの卑しい策略はいとも簡単に崩れたのである。



先日、私のiPhone4Sがダイブした。
ブルーへ、ダイブだ。

すぐに引き上げて、乾かした。
3日間だ。

音は出る。
電話をかけると震える。
画面のタッチも反応する。
つまり、通話が出来る。
しかし、画面が暗い。

堪えきれず、いかがわしい修理屋へ持って行った。

買い替えるより安いからだ。

しかし、ダメだった。

『でも、水濡れの反応が出ていないんでAppleに持って行けばなんとかなるかもしれませんよ。』

お代は入りません、と引き換えにいかがわしい慰めをいただいた。

いかがわしいというのは語弊がある。
とても親切で好感の持てる、優良店なのだと私は思う。

言われるがまま、渋谷のAppleStoreへ向かった。

そして女性店員にばっさりやられたのである。

USBのコネクタに一瞥をくれて、刀を抜いたのだ。


もう観念した。

わかっていたから。

生まれ変わったiPhone。
5になっても中身が一緒。感動は少ない。

悔しいので、ガッチガチのケースを纏うことにした。

しかしながら、水濡れと水没の区別はあらまほしきである。
posted by hito at 15:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年07月23日

もうそうもそう

image.jpeg
こんなことしました。

こんなとこ行きました。

なに食いました。

これ食いました。

誰と会いました。

飲みました。

寝ました。あるいは眠いです。

とか言いながら、ワールドワイドウェブ上に自分の行動を刻みつける。

ワールドワイドウェブ上に限らず、そういう欲求は、人間誰しもあるらしい。
私も例に漏れない。

大昔のなんとか民族が洞窟の壁に絵を書いたり、アメリカ人が月に旗を刺したり。

それとたいして変わらないだろう。


でも、ワールドワイドウェブ上のやつはなんか気分良く思えない。

それはなんでかと、しばらく考えている。

たぶんスッキリする答えなんてない。


たが、しかし、今現在思いついている考えがないわけでもない。

もし、なんとか民族の壁画が描かれた翌日、なんとか民族の友達がその絵を見てもたいして感動しないだろう。
お、やってんなあ。ぐらいのものだろう。

もし、月が誰でも行けるところだったら。
いちいち旗を立てるアメリカ人に、みんないちいち腹を立てるだろう。

富士山山頂の時価総額は、もはや高尾山のそれとさほど変わらないのではないか。

そう、思っている。
posted by hito at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年07月18日

気分は6億円

もし、宝くじが当たったら。

『強気に仕事をする』

と言う人間がいる。


いつクビになっても良いから、強気に仕事を進められるようになる。
そうすれば今までにない程の成果を上げられるはずだ。

と言う。

これを聞いて思い起こされるのは、

退職が決まってからの1ヶ月、羽が生えたかのように伸び伸びと、生き生きと仕事に精を出す若者のことだ。

ということは、仕事を辞める若者は宝くじが当たったも同然だ。

気分は6億円。

そう、6億円分の軋轢が若者を苦しめていたのだ。

そしてさらに、昔の人は6億円分の軋轢に耐えて働き続けていたということだ。

だったら、宝くじも6億円もたいしたことないじゃないか。

そう思っていた方が随分楽しいようだ。
posted by hito at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする