過去ログページ

2017年04月05日

時間は未来から過去へ流れる

普通、時間の流れは過去から未来へ流れるていると感じる。当然だろう。

でも、実は逆なんじゃないかという説がある。

つまり、未来から過去へ時間が流れているということ。

なぜかというと、人間は「ごはんを食べよう」と決めてから「ごはんを食べる」から。

今、午前10時だとして、「12時になったらお昼ごはんを食べよう」と思う。決心する。

そして、12時になったら実際にお昼ごはんを食べる。行動する。

決心(2時間後のことを決めている) → 行動(未来に決めたことを再現している)

これって、頭の中では勝手に「未来→過去」の流れを作っている。

ものごとは、「原因→結果」という流れで動いている。

だから、「良い結果」を最初に決めてしまえば、「良い結果を生むための原因」を作らざるを得なくなる。

そうすれば「良い結果を生むための原因」に沿った行動をするようになる。
posted by hito at 13:18 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする